静山社ロゴ

出版芸術社

図書目録 請求はこちらから

国内絵本

“  すべて ” の検索結果

222 件中 171~ 180件を表示

並べ替え :

表示件数 :

  • 日本みんわ絵本

    渋谷勲 文 / 松本修一

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 236×246
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-56206-0

    働きもんのじさまが、天の福をさずかる夢をみた。山で畑うちをしていたら金のかめがでてきたが、これは地の福だといって埋めもどした。それを見ていたとなりのじさまがほりだしてみると……。

  • 日本みんわ絵本

    樋口淳 文 / 梅田俊作

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 236×246
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-56207-7

    ある日、じさがきれいな鳥をのみこんでしまった。すると鳥の尾っぽがへそからとびだし、ひっぱるときれいな声でうたをうたった。お城へ出かけ、殿さまにきかせるとほうびをくれた。するととなりのじさは……。

  • 日本みんわ絵本

    多田ちとせ 文 / 太田大八

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 236×246
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-56218-3

    むかし、貧乏なお寺におしょうとトラ猫が住んでいた。ある日、おしょうはお棺が天にあがって困っている葬式に呼ばれた。トラに教えてもらったお経「なむチンカラトラヤーヤ」をとなえると……。

  • 日本みんわ絵本

    中村博 文 / 石倉欣二

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 236×246
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-56211-4

    小僧がおしょうから三枚のお札をもらって山へ栗ひろいに出かけた。道に迷ってばさまの住む家に泊めてもらった。夜中、小僧が目をさますと、おにばんばがほうちょうをといでいた……。

  • 日本みんわ絵本

    樋口淳 文 / 二俣英五郎

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 236×246
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-56225-1

    じいさまが山で畑しごとをしていると、やせたねずみとふとったねずみがすもうをしていた。よくみると、やせたねずみはじいさまの家のねずみだった。そこでじいさまは……。

  • 日本みんわ絵本

    岩崎京子 文 / 石倉欣二

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 236×246
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-56220-6

    じいさまが見なれぬ横穴を見つけた。そこに姉さまがでてきて、じいさまはひょうとくという子をもらった。ひょうとくがへそばかりいじくっているので、じいさまが指でつつくと金の粒がでてきた。

  • 日本みんわ絵本

    今村泰子 文 / 清水耕蔵

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 236×246
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-56222-0

    じいさまとばあさまが、古い家に馬一頭と暮らしていた。そこへ町からどろぼうが、山から狼が馬をぬすみにやってきた。何もしらないじいさまとばあさまは、この世で一番おそろしいものについて話しあっていた。

  • 日本みんわ絵本

    吉沢和夫 文 / 斎藤博之

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 236×246
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-56208-4

    じいさまが豆を一つねずみ穴におとしてしまった。あとを追っていくと、ねずみがもちをついていた。そこでもちつきを手伝うと……。ねずみ浄土として全国的に広く語り伝えられている昔話。

  • 日本みんわ絵本

    松谷みよ子 文 / 田島征三

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 236×246
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-56203-9

    むかし3人の娘がいた。とうさんがあくびをしたら、上の娘のお月を山男にとられた。お月はうそをついて殺された。次の娘も。3番目のお花は、山男にしばられていた若者を助け、てぶくろをのんだ……。

  • 世界みんわ絵本

    水谷章三 文 / いとうひろし

    定価 本体1450円(+税)
    サイズ 231×243
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-59313-2

    おじいさんとおばあさんにかわいがられていたひよこは、金の足をもっていた。よくばりな王様に1本の足をとられてしまったが、大きくなって、王様の城へかたあしをとりもどしにでかける。スペイン民話。

ページトップへ