静山社ロゴ

出版芸術社

図書目録 請求はこちらから

ゆるびーくんえんそくにいく

読み物 その他

ゆるびーくんえんそくにいく

斉藤洋 作 / 武田美穂

定価 本体1000円(+税)
サイズ A5上製
ページ数 64ページ
刊行月 2019年08月
ISBN 978-4-593-10088-0
Cコード 8093
NDC 913
対象年齢 小学低学年~

ゆるびーくんは森に住んでいる、耳の長い生き物です。ある日、人間の子どもたちといっしょに遠足にいくことになりました。ゆるびーくんと子どもたちは、バスで湖に向かいます。湖畔では、クラスで人気のさくらこちゃんや、三人組の男の子といっしょに、楽しい時間を過ごします。
そして、ゆるびーくんの周りでは、次々と不思議なことが起こります。湖のザリガニがとつぜん大きくなったり、せまいビニールシートが大きく広がったり、お昼ご飯が飛びだしたり・・・。なぜか、みんなが望んでいることを、ゆるびーくんが叶えてしまうみたい。ゆるびーくんって、何者なのでしょう? どうやら見える人も、見えない人もいるみたいです。ほんわかとした雰囲気がただよう素敵な絵童話。

こちらのネット書店にてご購入いただけます

  • アマゾン
  • セブンネット
  • 紀伊国屋
  • 楽天ブックス
  • Honya Club

作者紹介

斉藤洋 /作

武田美穂 /絵

東京生まれ。絵本に『となりのせきのますだくん』(絵本にっぽん賞、講談社出版文化賞・絵本賞受賞)に始まる「ますだくん」シリーズ、『ふしぎのおうちはドキドキなのだ』(絵本にっぽん賞)、『すみっこのおばけ』(日本絵本賞読者賞、けんぶち絵本の里大賞グランプリ)、『こわいドン』(以上ポプラ社)、『ありんこぐんだんわはははははは』、『か・げ』(以上理論社)、『ハンバーグハンバーグ』『パパ・カレー』『オムライス ヘイ!』(以上ほるぷ出版)など。挿絵に『おかあさん、げんきですか。』(日本絵本賞大賞、日本絵本賞読者賞、ポプラ社)「にんきもの」シリーズ(童心社)、「ざわざわ森のがんこちゃん」シリーズ(講談社)、「カボちゃん」シリーズ(理論社)、『吾輩は猫である』(ほるぷ出版)などがある。

ページトップへ