静山社ロゴ

出版芸術社

図書目録 請求はこちらから

作者紹介

溝渕利明

作品一覧

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体2800円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 48ページ
    ISBN 978-4-593-58676-9

    工事現場は、日本の技術力や社会の仕組みを学べる場所。この巻は、さまざまな人の手によってつくられる公園の工事現場を紹介。街の小さな公園から、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)のような大きな公園なども紹介します。

    既刊・シリーズはこちら

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体2800円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 48ページ
    ISBN 978-4-593-58677-6

    一般の人は見学することが難しい工事現場。その工事現場は、日本の技術力や社会の仕組みを学べる場所です。この巻は、北海道の森林を切りひらき、新たに道路をつくっていくダイナミックな工事の現場を紹介。

    既刊・シリーズはこちら

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体2800円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 48ページ
    ISBN 978-4-593-58675-2

    一般の人は見学することが難しい工事現場。この巻では、東日本大震災により大きな被害を受けた仙台塩釜港の復旧工事を取材しました。ビル8階ほどの建造物を海上で作り堤防とする工事などを紹介します。

    既刊・シリーズはこちら

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体2800円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 48ページ
    ISBN 978-4-593-58674-5

    一般の人は見学することが難しい工事現場。そこは、日本の技術力や社会の仕組みを学べる場所です。この巻は、線路が集中する神田駅周辺に、新しい線路を増設するという難工事を、特注の巨大マシンを駆使してつくる現場を紹介。

    既刊・シリーズはこちら

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体2800円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 48ページ
    ISBN 978-4-593-58664-6

    一般の人が見学することが難しい工事現場。この巻は、日本では数少ない高さ80mをこえる橋をつくる工事現場を紹介。

    既刊・シリーズはこちら

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体2800円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 48ページ
    ISBN 978-4-593-58661-5

    一般には見学が難しい工事現場。この巻は「東京スカイツリー」と、ビル日本一の高さとなる「あべのハルカス」の工事を見学。

    既刊・シリーズはこちら

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体2800円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 48ページ
    ISBN 978-4-593-58662-2

    一般には見学が難しい工事現場。この巻は道路と道路をつなぐトンネル工事を見学。また、最新鋭の掘削機械シールドマシーンも紹介。

    既刊・シリーズはこちら

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体2800円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 48ページ
    ISBN 978-4-593-58663-9

    一般の人が見学することが難しい工事現場。この巻は、トラック25万台分のコンクリートでつくられる大規模ダムの工事現場を紹介。

    既刊・シリーズはこちら

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体11200円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 各48ページ
    ISBN 978-4-593-09953-5

    めったにみることができない工事現場に潜入! 一般の人が見学することが難しい、今現在、今後注目の工事現場を豊富な写真と密着取材で紹介。工事現場は日本の技術力や社会の仕組みについて学べる場です。2012年5月開業、634mの…

    既刊・シリーズはこちら

  • 見学しよう工事現場

    溝渕利明 監修

    定価 本体11200円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 各48ページ
    ISBN 978-4-593-49361-6

    キャリア教育&校外学習におすすめ! 一般の人が見学することが難しい工事現場。そこは日本の技術力や社会の仕組みが学べる場です。今現在、今後注目の工事現場を実際に取材。仙台塩釜港の復旧工事を中心に紹介した『港』、函…

    既刊・シリーズはこちら

ページトップへ